2015/12/26 ザックのスキー擦れ穴修理・補強

1226zack.jpg2012-13シーズン終了時の道具点検でOSPRAYのCODE38ザックに大きさ5mmほどの穴を発見。エッジとの擦れて発生しておりザックの左右で見つかり拡大防止と補強を行った

修理と補強の方法は、厚み2mmほどのラバーを接着剤で貼り付け、四隅を丈夫な太い糸で縫い付けるというもの。
・ザックに針の穴を開けるため耐水性が悪化する
・エッジで糸が切れラバーが剥がれる可能性がある
・針の穴が広がって大きくなる可能性がある
・見栄えが悪い

などが想定されあまり良い方法とは言えなかったが強度重視でエイヤで実施^^

1226zack3.jpg写真は2シーズン使用後の状態。予想通り糸は切れているが剥がれは無く目的は達成されていた。

ラバーは長さ3cmに渡って擦れて薄くなっている箇所があり補強してなければ大きな穴が空いて最悪の場合裂けて修復不能になった可能性もある。

1226zack2.jpg内側の様子。ラバーがザックに密着しており、穴の拡大が防止されていた。

お勧めで出来る方法ではないが効果はあったので参考にどうぞ。

追記 2016年
貼ったゴムが擦れて薄くなっていたのでゴム貼り換え。ゴムは強く接着していたため今回は縫い付けはせず接着のみとした。

02DIY[31] | Comments [0]
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ

コメントする