2018/01/04 1.取立山スキー(激深雪)

正月休み最終日、2018年初滑りは取立山! 激深雪過ぎて板滑らず...。しかし予想外の青空とまずまずの出だしとなった^^

■メンバ 単独
■道具  スキー:アンペレージ/BD、ビンディング:TLT SPEED/Dynafit、ブーツ:EVO/スカルパ
■行程  2018年1月4日(木)曇り、-4℃

08:47( 606m) R157駐車場
09:55( 863m) 夏山登山駐車場
11:14( 1309m) 取立山山頂着
11:28( 1309m) 取立山山頂発 
12:15( 606m) R157駐車場

距離 7.4km
行動時間 3時間28分
累積標高差 880m
0104map.jpg

正月休みは仙台帰省し1/2に金沢に戻った。翌1/3は風が強かったため1/4にGoとする。このところ人気の白川郷エリアや平湯エリアも考えたが気分的なブレーキがかかったため、近場の護摩堂山と取立山を候補に挙げて距離の長い取立山に決めた。朝6時に目覚ましして7時前に自宅出発。金沢でも10cmの積雪がありR157はラッセル車が稼働。現地も予想通りの深雪だった^^

110101-000006.jpg08:54 R157駐車場には車6台
8:47 R157出発。昨夜のドカ雪でトレースは完全リセットされているはずだが、先行者の立派なトレースが出来上がっていた。ありがたく使用させて頂く。先行者は、山スキー2名、登山者3名。

110101-000347.jpg08:57 ド根性東屋は150cmほどの積雪

110101-003036.jpg09:24 下を向いて考え事をしながらトレース歩行していたらショートカットポイントを通過してしまい細く急勾配な登山道を登るハメに...。アンペレージはSTIGMAよりも格段にグリップしたがストックがどこまでも刺さり踏ん張り難く難儀した。汗だく...。

110101-013503.jpg10:29 展望台からの眺望にニンマリ^^
所々ショートカットしたが80%はオントレースで楽チン登行^^ ラッセルはブーツトップで深いところは太ももなので先行者の苦労は尋常ではない。感謝である。

110101-013557.jpg10:29 自撮り

110101-014239.jpg10:36 トレースは山スキーヤー2名のもの。登山者3名は途中で敗退したようだ。

110101-014641.jpg10:40 木の間から勝山市 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

110101-020441.jpg10:58 山頂手前の大地。ここまでくればもうちょいである。ここで先行者を目視した。

110101-023328.jpg11:27 取立山山頂着
「ラッセル強烈でしたよね。ありがとうございます」の挨拶で登頂^^ 写真のお二方はそれぞれ単独行で、緑ウエアの方が6:50発、赤ウエアの方が7:40発、私が8:50発だが登頂時刻は大差なかったようだ。赤ウエアの方が緑ウエアの方に追い付き交代しながら激ラッセルしたのだろう。私は楽チン登行と申し訳ない話であった。

上部は風が強いが大したことはなかった。気温は-4℃ほど。左手ケガ薬指は強烈に冷えているが凍傷不安はないレベル。予想外の青空で眺望開けるが白山は雲の中で顔を出す兆候も無し! まぁそこまで贅沢は言えんでしょう^^ シールを剥がして3名同時に滑走開始^^

110101-023709.jpg11:40 山頂手前の雪庇

110101-025835.jpg11:52 スキーがゲタに...。写真は「滑走面」にこべり付いた雪...。
準備不行き届きの大馬鹿モノである。ワックスが落ちソールに雪付着して巨大なゲタになってしまった。全く滑走せず! 片方の板のみ。固形ワックスを塗ってことの無きを得たが情けない話である。難易度によらず山を軽んじてはならないと思っているつもりだが面洗って出直すしかない。

110101-030458.jpg11:58 固形ワックス

雪が深すぎた感あるが久しぶりの激パウを堪能^^ 雪が軽く急斜面では雪崩のようなスラフ祭りであった。登頂派であり滑走派ではないが私だがルンルンなパウ滑走が出来るに越したことはない^^ 

取立山[15], 山スキー[147] | Comments [2]
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ

コメント[2]

 明けましておめでとうございます
今年の山は雪が多いようです。。。 !!
皆様方のご多幸と健康をお祈りします。
ことしもよろしくお願いします

多摩太郎さん
明けましておめでとうございます。
昨年同様充実した1年を過ごしたいですね!

今回は登り始めが遅く道具の整備不足もありイマイチな山行でした。
心入れ替え良い運勢を引き込むような山行にしたいと思います…。
今年もよろしくお願いいたします!

コメントする