2018/02/03 ウィペット金属グリップからの手冷え抑制(イモムシ)

warm2.jpgグリップの金属部分から奪われる手の熱を抑制する。
もともと手が冷え易いのに指怪我により凍るほど冷えるため...。

100均のクッション材をハサミで加工して、結束バンドで取り付けるだけ。今回採用したクッション材は水を吸う材質だったので、問題ある場合は撥水系に変更する予定。

warm1.jpg本来のピッケル性能が損なわれないことと、手冷え防止効果は別途レポします。

2018/2/18 追記(取立山)
・気温-10℃環境では吸水はなかった。
・手の平から熱が奪られる感じは小さくなかった(気がする)
・グリップが若干滑り易くなった。途中から気にならなくなったので問題ないレベルだが。断熱性、非吸水性、グリップ性を考慮してクッション材を選定するといいかも。

2018/4/1 追記(百四丈滝)
・急登のダブルアックスで確認。雪に刺す際にイモムシが抵抗となることを懸念したが全く問題なし
・刺す動作を連続するとイモムシが少しめくれたが千切れたり脱落することはなかった

02DIY[33] | Comments [0]
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ

コメントする